海外で規格外の外国人たちに空手を教える

「記者のみんな、世界1周の航海で失った俺の足のことより、世界1周の航海で得たものを聞いてくれないか?」、と人生で一度は言ってみたい男、“格闘エンジニア”の澤村勇太(@yuuta_sawamura)です。こんにちは。

29歳まで空手しかやってこなかった僕が30歳で未経験でWebエンジニアになりました。

空手時代は海外で試合や指導に行っていました。

年に2回くらいのペースで行っていましたかね。

フランス


フランスでは試合をしましたね。

探したんですけど、空手の写真ありませんでした(笑)

ロシア

 


ロシアは普通に無名な怪物がゴロゴロいます。
ツイッターには180cm後半って書いてあるけど、映像でみたら190cm以上はありますね。。

この時は合宿で行きました。

このロシアの道場生たちは戦闘民族で戦うのがめちゃくちゃ好きな戦士たちでした(笑)レベルもかなり高かったです!

これはまた別のロシア合宿での指導でした。
すごい人数が多い道場でした。
世界大会チャンピオンを2名輩出している有名な道場です。

ドイツ

これはドイツ合宿での指導でした。
ドイツ合宿はスケジュールがハードで合宿指導の中でも一番大変だったかもしれません。

空手合宿あるあるで浜辺での稽古です。
海外指導は通訳がいるのですが、この時は通訳がおらず拙い英語での指導でいつも3倍疲れました。

隣のドイツ人はめちゃくちゃでかかったです。
本人は確か198cmとか言ってましたね〜。
ちなみに根性がなく、そこまで強くなかったです(笑)

ポーランド


これはポーランド合宿でした。
人数が破壊的で四泊でおそらく500名以上が参加したと思います!

ちなみに料理がめちゃくちゃ美味しくて、海外では僕のNo.1でした!
ポーランド料理ってあまり馴染みがないんですけど、意外でした。

中国


これは中国合宿での指導でした。

僕の大事な試合の2ヶ月前だったので、自分の練習だと思ってかなりキツいメニューを一緒にやりました(笑)

みなさん、ひーひー喜んでいたのを覚えています(笑)

セルビア


かなり昔なんですけど、セルビアで試合した時の映像です。

今、映像見るとKOしないと勝てない状況だったので動きが雑です。。

応援は100対0で完全アウェーでした。

この経験は本当にタフなメンタルが手に入りましたね!

「他人なんて関係ねえぜ!」的な図太さが養われたと思います。

ちなみに試合は負けました。。