クラウドソーシングで通りやすい提案文【テンプレートでOK】


クラウドソーシングで提案が通らなくて心が折れそう。
提案が通りやすいテンプレート(定型文)が知りたい。
この記事ではこれらの疑問に答えます。

このブログを読むと、こんなことがわかります。

  1. クラウドソーシングで通りやすい提案文
  2. 超初心者でも今日から使えるテンプレート(定型文)

澤村

僕は異色の経歴なのですが、もともとは極真空手の選手をやっていました。成績は全日本大会で2階級優勝しました。
引退して、30歳で完全未経験からエンジニア(プログラマー)に転職し、本業の傍でWebライターやブロガーとしても活動しています!アスリートのセカンドキャリアにおける啓蒙活動も行っています。
以前、アスリートのセカンドキャリアにおいてライティングスキルが有用かどうか検証するため、ライティング歴3週間の僕が1ヶ月でどれほど収入を得られるかチャンレンジをしました。結果は8万4000円得られることができ、ライティングは比較的、参入障壁が低い分野だなという実体験があります。

この記事がセカンドキャリアに困っているアスリートや収入源を複数持ちたい方などの問題解決のヒントになれば幸いです。

格闘エンジニア

お前、あまり偉そうにするなよ!

そもそもクラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、仕事を受けたい人と仕事を依頼したい人をマッチングさせるサービスです。この手のサービスではクラウドワークスランサーズの有名です!僕もこの2つのサイトを利用しています。

クラウドソーシングで通りやすい提案文の5つのポイント

クラウドソーシングで通りやすい4つのポイント

  1. 成果物で信頼を得る
  2. クライアントのニーズを汲み取る
  3. 有用性を示す
  4. 自信満々に

僕が整体のホームページのライティングの際に提案した実際の文章です↓

初めまして、澤村勇太と申します!

御社の目的は、記事を通して【体の故障を抱えていて改善したいと悩んでいる方たちの整体院への集客】ということでしょうか?
私は異色の経歴なのですが、もともとは空手道場の指導と道場を生業にしており、現在はIT業界でエンジニアとして働いております。そのキャリアを活かしてフォットネス、プログラミングやエンジニアについての記事を企業様に納品したり、個人ブログにて執筆しておりますので御社のお役に立てると思います。

また、空手道場の運営をしていた際は仕事柄、月2~4回ほど整体院に通っておりました。現在、長期プロジェクトで整体院の記事を執筆しており、整体院に通っていた経験を活かして患者目線の質の高い記事を納品することができます。

現職はエンジニアですので、WordPressへの直接入力、画像参照、文字装飾も行えます。ライティングやブログも執筆しておりますので、SEOの知識も豊富です。

■プロフィール
プロフィールの記事はこちらに作成しております。このブログは1から自身で作成し、ライティング力も伝わると思いますので、一度目を通していただけると幸いです。
詳細はこちら

■実績・スキル
・空手日本一、世界2位
・Webアプリケーションの作成・運用
・ライティング
・個人ブログを1から作成
・記事100以上執筆
・Wordpressを使ったホームページの運営

澤村

詳しく説明していきますね!

ポイント1 成果物で信頼を得る

まずは、成果物を作りましょう!ライティングの提案で有用な成果物は「執筆した記事」です。
文章を納品するわけですから、文章を見せるのが最も効率的です。

1番良い成果物は、「過去にライティングで執筆した記事」です。ただ、このブログを参考にする方は、そのような実績がないと思いますので「個人ブログ」が良いと思います。
僕も提案文では、自信のあるブログの記事のURLを載せています。

ポイント2 クライアントのニーズを汲み取る

クライアントのニーズを汲み取りましょう。ニーズとは、何を求めているかということです。クライアントの本質的なニーズは、記事を納品してもらうことではありません。
記事を通じて、「達成したい目的」がニーズになります。

先ほど、記載した僕の提案文でいうと下記がニーズの部分に当たります。

御社の目的は、記事を通して【体の故障を抱えていて改善したいと悩んでいる方たちの整体院への集客】ということでしょうか?

提案文のあるあるなのですが、どのクライアントにも同じ提案文をコピペする方がいます。それはよくありません。なぜなら、クライアントによってニーズが異なるので、提案の仕方も変わるからです。

ポイント3 有用性を示す

有用性を示しましょう!有用性とは、「こんなことができます」と明記することです。
僕の提案文で有用性を示している部分のみを抜粋します。

私は異色の経歴なのですが、もともとは空手道場の指導と道場を生業にしており、現在はIT業界でエンジニアとして働いております。そのキャリアを活かしてフォットネス、プログラミングやエンジニアについての記事を企業様に納品したり、個人ブログにて執筆しておりますので御社のお役に立てると思います。

また、空手道場の運営をしていた際は仕事柄、月2~4回ほど整体院に通っておりました。現在、長期プロジェクトで整体院の記事を執筆しており、整体院に通っていた経験を活かして患者目線の質の高い記事を納品することができます。

現職はエンジニアですので、WordPressへの直接入力、画像参照、文字装飾も行えます。ライティングやブログも執筆しておりますので、SEOの知識も豊富です。

■実績・スキル
・空手日本一、世界2位
・Webアプリケーションの作成・運用
・ライティング
・個人ブログを1から作成
・記事100以上執筆
・Wordpressを使ったホームページの運営

提案文のほとんどが有用性を示すための文章ですね(笑)
上記で示してる有用性はこちらです。

  1. 整体院の記事を執筆した経験
  2. WordPressを用いたホームページ運営
  3. ライティング・ブログ経験
  4. SEOの知見

ここでのクライアントは整体院です。すでに整体院の記事を執筆している人だと安心します。
ホームページで扱う記事は、WordPressというホームページツールを利用することが多いです。WordPressの運用経験があるとクライアントにとってプラスです。
ライティング・ブログなどで文章を頻繁に執筆していることが重要ですね。
最後にただ文章を書くだけは人に見てもらうことができませんから、SEOの知識があることを示します。

ポイント4 自信満々に

最後のポイントは「自信満々に」アピールすることです。
もし、あなたがクライアントの立場だとして、どちらに依頼しますか?
Aさん 「私は御社のお役に立てる記事を書けます!」
Bさん 「私は御社のお役に立てる記事を書けると思います。」

Aさんに頼みたいと思いませんか?どうせ書くのなら「思います」という文章は辞めて、言い切ってしまいましょう!

クラウドソーシングで通りやすい提案文 まとめ

もう一度、僕の提案文を紹介します。

初めまして、澤村勇太と申します!

御社の目的は、記事を通して【体の故障を抱えていて改善したいと悩んでいる方たちの整体院への集客】ということでしょうか?
私は異色の経歴なのですが、もともとは空手道場の指導と道場を生業にしており、現在はIT業界でエンジニアとして働いております。そのキャリアを活かしてフォットネス、プログラミングやエンジニアについての記事を企業様に納品したり、個人ブログにて執筆しておりますので御社のお役に立てると思います。

また、空手道場の運営をしていた際は仕事柄、月2~4回ほど整体院に通っておりました。現在、長期プロジェクトで整体院の記事を執筆しており、整体院に通っていた経験を活かして患者目線の質の高い記事を納品することができます。

現職はエンジニアですので、WordPressへの直接入力、画像参照、文字装飾も行えます。ライティングやブログも執筆しておりますので、SEOの知識も豊富です。

■プロフィール
プロフィールの記事はこちらに作成しております。このブログは1から自身で作成し、ライティング力も伝わると思いますので、一度目を通していただけると幸いです。
詳細はこちら

■実績・スキル
・空手日本一、世界2位
・Webアプリケーションの作成・運用
・ライティング
・個人ブログを1から作成
・記事100以上執筆
・Wordpressを使ったホームページの運営

提案文で通りやすい4つのポイント

  1. 成果物で信頼を得る
  2. クライアントのニーズを汲み取る
  3. 有用性を示す
  4. 自信満々に

たったのこれだけです!簡単ですよね。

 

案件は基本的にクラウドソーシングと言われる、サイトを通じて獲得しています。
クラウドソーシングとは、「仕事を依頼したい人」と、「仕事を受けたい人」をマッチングさせるサイトです。僕は下記の2つのサイトを利用しています

利用しているサイトのクラウドワークス↓

 

利用しているサイトのランサーズ↓


クラウドソーシング「ランサーズ」