野球部の坊主を辞め「長髪推奨」。髪の長さと成績が一致するなら苦労しない件

澤村

師匠!こんなニュースを見つけました!

春夏合計8度の甲子園出場を誇る、新潟明訓野球部が、新たな試み「長髪奨励」に取り組んで新年度を迎えている。もともと長髪禁止ではなかったが、今季から「髪を伸ばす」ことを明言。
引用

格闘エンジニア

なんだこの軟弱な野球部は!高校球児なら坊主だろ!

澤村

師匠!僕はこの野球部の取り組みに大賛成です!

成績と髪の長さは関係ない

澤村

僕は高校球児だって髪を伸ばしたり、染めたりしても良いと思います!

格闘エンジニア

全然良くない!そんなチャラチャラした奴だと通用しないぞ!

澤村

チャラチャラした人が通用しないという理屈はおかしいです。現に高校球児より上手いプロ野球選手は髪長い人もいますし、染めてる人だっています。成績と髪の長さは関係ないです!

格闘エンジニア

いや、そんなことはない!プロはそういう時期を経たからこそだ。
坊主じゃない奴は気合いが足りん!

澤村

坊主じゃない奴は気合いが足りん、ですか。
そういう師匠は坊主じゃないですよね・・・?

 

 

 

 

 

 

 

タァァァァァァーーーーン!!!

 

 

反論出来なくなったので無言でキーボードを打つ格闘エンジニア

 

 

 

 

坊主は人間力が鍛えられる?

格闘エンジニア

お前さっき、成果と髪の長さは関係ないと言ったな。高校球児は野球の成果だけでなく人間力を鍛える場なんだ!髪を伸ばしたり、染めたりする奴は人間力が育たないぞ!

澤村

坊主にしたことがない人でも立派な人はたくさんいますよ?

格闘エンジニア

い、い、居るか?そんな奴?

澤村

まず女性は坊主にしたことがないですよね?その考え方だと女性が全員人間力がないということになります。
師匠、その言い分だと世界の女性を敵に回しますよ?

 

 

 

 

 

 

タァァァァァァーーーーン!!!

女子には嫌われたくな模様の格闘エンジニア

 

伝統に縛られてはいけない

格闘エンジニア

わかったぞ!高校球児が坊主にする理由は、伝統だからだ!

澤村

なるほど、伝統ですか。では、まず伝統の定義Wikipediaで確認しましょう。

伝統(でんとう)は、信仰、風習、制度、思想、学問、芸術などの様々な分野において、古くからのしきたり・様式・傾向、血筋、などの有形無形の系統を受け伝えることをいう。

格闘エンジニア

ほらな!!この説明の通りだ!高校球児が坊主にするのは伝統だ!

澤村

伝統という言葉は、曖昧な表現ですね。古くからとありますが明確な期間は明示されていないんですね。また、有形無形の系統を受け伝えるというのも曖昧な表現ですね。

格闘エンジニア

曖昧かどうかなんて関係ない!「伝統だから坊主にする」、これで十分だろ。

澤村

いえ、不十分です。伝統だからこれからも続けて良いとはなりません。なぜなら、伝統だからという理由で不条理がまかり通るのはおかしいからです。

格闘エンジニア

どういうことだ?

澤村

一定の期間を続けたら、師匠の言う伝統になってしまいます。師匠の言うことがまかり通ってしまうと、不条理なことも伝統であれば辞めてはいけない。続けなくてはならないということになります。

格闘エンジニア

確かにそうだな。

澤村

つまり、間違ったことでも伝統であれば問題ないということになります。これこそが問題です。
数十年前までスポーツ界では「水は飲んではいけない」という伝統がありました。でも、これは間違った情報が根幹にありましたよね。

格闘エンジニア

確かに今のスポーツ界は積極的に水を摂らせるからな。

澤村

僕はスポーツ界から不条理な事柄は一掃していくべきだと考えています。それが伝統だとしてもです。なぜなら、それが健全化に繋がり、スポーツ界がより良くなると信じているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タァァァァァァーーーーン!!!

澤村の熱い気持ちに心打たれた格闘エンジニアは、無言でキーボードを叩いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タァァァァァァーーーーン!!!

 

 

 

 

 

キーボードの音がいつまでも乗り響いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

  1. 成績と髪の長さは関係ない
  2. 不条理な伝統は一掃しよう
  3. スポーツ界を健全化することでより発展する