アプリ発表イベントで格闘家として爪痕を残した話【DIVE INTO CODE】

みなさん、こんにちは。
“格闘エンジニア”の澤村勇太(@yuuta_sawamura)です。

先日、DIVE INTO CODEというプログラミングスクールでDEMODAY(デモデイ)というアプリ発表に観戦してきました!観戦者であるにもかかわらず、格闘家として爪痕を残しきたので、その様子を紹介します!

澤村

師匠!僕ら、結構インドアであまり外に出ないので、少しくらい外部と交流した方が良いと思います!

格闘エンジニア

交流などどうでも良い!俺は社会に爪痕を残したいのだ。

澤村

・・・爪痕。(ヤバいよこの人)今度、アプリの発表イベントがあるので、ぜひ参加しましょう!

格闘エンジニア

ふん!どれほどの戦闘力がある奴がいるか見てやるか。

澤村

(大丈夫かなぁ、この人。。。)

 

そもそもDIVE INTO CODEのDEMODAYってなに?

格闘エンジニア

おい!そもそもアプリ発表イベントってなんだ!どこの馬の骨がやってるイベントなんだ!?

澤村

DIVE INTO CODEというプログラミングスクールが運営しているDEMODAY(デモデイ)というアプリ発表イベントらしいです!

格闘エンジニア

発表者はどれほどの戦闘力があるんだ!?

澤村

実務経験1年未満のエンジニアがチャレンジするそうです!戦闘力はわかりませんが、こんな人たちが出場するそうです!

※DEMODAYは、年に数回行われるDIVE INTO CODEのアプリケーション発表イベントです。
現役受講生や卒業生が、自分で考えたアプリケーションを自らデザイン・設計・開発・リリースまで行い、現役エンジニアや経営者・起業支援家・CTO・VCなどの審査員の前で発表します。



 

格闘エンジニア

確かに良い面構えをしている。当日は俺を楽しませてくれそうだな。ふふふ。

澤村

(何がふふふだよ!ただ観戦するだけなのに怖いよこの人!ドラゴンボールの見過ぎだよ。)

イベント当日 おしゃれな場所で開催でビビり気味

イベント当日・・・
イベント会場の受付にて

澤村

受付があるみたいです!師匠受付パスもらいました。

格闘エンジニア

何が受付パスだ!格闘エンジニアの俺なら顔パスだろ!

澤村

師匠!そんな大御所のタレントみたいなこと言ったらダメですよ。見てください、これが今日のイベント会場です!

格闘エンジニア

何がイベント会場だ。どうせろくでもない廃墟みたいなところで、観戦者も10人くらいしかいないんだろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格闘エンジニア

なぬ!!!!!

 

澤村

師匠!!めちゃくちゃ人いるじゃないですか!100人はいますよ!まだ増えてますし。

格闘エンジニア

ふん、場所と人数だけは立派だな!

澤村

(師匠も素直じゃないなぁ。)

格闘エンジニア

俺が撮るから、お前とりあえず記念に写真でも撮っていけ!

澤村

写真なんて嫌ですよ!恥ずかしいです!!

格闘エンジニア

何が恥ずかしいだボケ!早くしろ!

澤村

写真撮られたら魂まで取られます!!

格闘エンジニア

昔か!いいからそこ立っとけ!

澤村

・・・もう。1回だけですからね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格闘エンジニア

やる気満々じゃねーか!

澤村

そんなことないですよ〜。よく写真の顔見て下さいよ。全然やる気ないですよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格闘エンジニア

やっぱりやる気満々じゃねーか!

澤村

師匠の偏見ですよ〜

格闘エンジニア

吹き出しまで変わってるじゃねーか!

登壇者のレベルが高須クリニック

茶番をしているうちについにイベントが始まりました。まずは代表の野呂さんからの挨拶。

澤村

今日のイベントは最優秀賞も決めるみたいですね!最優秀賞は何とMacBookProがもらえるみたいです!

格闘エンジニア

お前いつまでその吹き出しなんだよ!しかも何がMacBookProだ。俺の心は物では釣れんぞ。俺は今日どうやって爪痕を残すかだけを考えてるんだ。

澤村

まだ言ってるんですか。もう諦めて静かに観戦しましょうよ!あ、始まりましたよ!

トップバッターは田中元基さん。
DIVE INTO CODE卒業生の田中元基さんが作成されたWebアプリケーションの「シャーロッくま」!一刻も早く探し物を見つけたい、でも誰の助けも得られない、そのようなときに頼りになるのが「シャーロッくま」♪2つの質問に答えるだけで、「シャーロッくま」が探し物のある場所を統計的合理的に推理してくれますよ!
https://www.tanakamotoki.com/sagasu/

澤村

シャーロッくま可愛かったですね!しかもこのアプリを3日で作ったらしいですよ。

格闘エンジニア

3日は確かにすごいな!

続いて、遠藤聖也さん。
DIVE INTO CODE卒業生の遠藤聖也さんは、「個人で働く可能性を増やす」をテーマに「e-AdAppter」を作成されました。会社にとらわれない自由な働き方に価値を感じたことから生まれたこのアプリケーションは、「アプリを広告したい人」と「発信力のあるインフルエンサー」をつなぎます!
https://e-adappter.supunic.com

澤村

この方、まだ1年未満しか学習していないのにレベルめちゃくちゃ高いですね!

格闘エンジニア

機能も充実しているし、デザインも綺麗だな。

続いて、大須賀善揮さん。
DIVE INTO CODE卒業生の大須賀善揮さんは薬局を経営する薬剤師さん。そんな大須賀さんが作成されたアプリケーション「プレカル(precal)」は、処方箋から薬の値段を計算して、薬局間の値段の差を比較することができます!

澤村

僕この方のアプリが1番好きです!使い勝手がシンプルだし、プライベートで普通に使いたいです!

格闘エンジニア

薬局によって値段が違うなんて知らなかったな!

続いて、チームT&H。
DIVE INTO CODEの旧AIコース卒業生からなるチームT&H!チームを構成する林剛さんと田畑裕介さんが作成されたiOSアプリケーション「ASSa」は、利用者が写真を撮るだけでサーバ側のAIが指名手配犯との一致率を算出します!いつ、どこで、誰を目撃したかの情報が蓄積されます!

澤村

AIって未経験からでもできるんですね!しかも1年未満でこんなアプリ作れちゃうんですね!

格闘エンジニア

犯人からしたらたまったもんじゃないな!

続いて、WEB SHINJUKU”の皆さんをご紹介します。
Web系新宿勉強会という勉強会から誕生したチーム“WEB SHINJUKU”!チーム発起人の高橋弘嗣さん、​なんでも屋で裏の実力者の​原田経道さん、​デザインご担当で遅咲外国人エンジニアの​松崎レオナルドさん、​SI企業で働く準若手エンジニアの廣瀬大地さん、元DICの駆け出しエンジニアの​廣本和也さん、​独学未経験エンジニアの​遠藤司樹さんの6名からなるチームです。
“WEB SHINJUKU”の皆さんが作られたWebアプリケーション「Meister Hackers」は、エンジニアがOSSでチーム開発をする事を支援するWebサービスです。
https://meister-hackers.herokuapp.com

澤村

アプリも良かったですけど、プレゼン慣れしてましたね!

格闘エンジニア

伝える力って大事だな!

澤村

師匠!これで全組の発表が終わりです。あとはユーザーテストを行った後に最優秀賞を発表するそうですよ。

格闘エンジニア

(なるほど。しかし、俺はどうやって爪痕を残そうか。)

最優秀賞は・・・・

 

 

 

 

 

 

澤村

僕も大須賀さんだと思いました!あの薬局のアプリ便利でしたもん!

格闘エンジニア

(どうやって爪痕残そうかな。)

師匠がとんでもない爪痕を残した件

家に帰ってきた澤村と格闘エンジニア。

澤村

いや〜楽しかったですね!僕も自分のプロダクトを作りたい気持ちになりました!今、出席アプリ作ってるんですけど、あれを磨き込みます!

格闘エンジニア

お前、俺が言っていたことで何か1つ忘れていないか?

澤村

何でしたっけ??

格闘エンジニア

爪痕を残すって言ったよな。

澤村

まだ言ってるんですか。諦めて下さいよ。

格闘エンジニア

いや、すでに実行している。ある物を持って帰ってきた。

澤村

・・・何を持って帰ってきたんですか?見せて下さい。(怖い。。代表の野呂さんの首とかじゃないよね。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

澤村

受付でもらったパスじゃないですか!このドロボーエンジニア!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベタベタな昭和のコントのような終わり方でですね(笑)パスを返し忘れてしまったので後日返します(笑)

DIVE INTO CODEのDEMODAYは素晴らしいイベントでした!