空手の選手時代に切磋琢磨した仲間と会ってきた。セカンドキャリアとしてジム経営をしている。


「明日から頑張るのではない、今日頑張る人間にのみ明るい明日がある」が口癖で、疲れたので洗い物はそのままにして寝る男、“格闘エンジニア”の澤村勇太(@yuuta_sawamura)です。こんにちは。

29歳まで極真空手しかやってこなかった僕が30歳で未経験でWebエンジニアになりました。

格闘エンジニア

現役の時は2回戦った原田くんに会ってきました!原田くんはセカンドキャリアで、ジムを新しく0から立ち上げ、奮闘されています!

現役時代は2回戦いました!

現役時代は2回戦いました!


これは試合の写真です。(戦った写真はこれしかありませんでした)

原田くんは極真会館の全日本の軽量級チャンピオンにも輝いたことのある実績のある選手でした。

現役時は本当に努力家でした。普段の稽古風景を見たことないのですが、僕より練習量をやっていたと感じるほどの粘り強い動きでした。

ひょんなことで連絡を取り、現在は上野でジムを経営しているということで会ってきました^^

上野でジムを経営している

原田くんは現在、上野にあるInfinity(イフィニティ)というジムを経営しています。

入って思ったのはシンプルに綺麗でした。


細かいところまで手が行き届いているのを感じました。

格闘エンジニア

僕も近所に住んでいたら間違いなく通ってますね!

月々6980円で、24時間営業とか最強過ぎます(笑)

もし、近くに住んでる人はチェックしてみてください^^

Infinity(イフィニティ)

常に前向きに動き続ける人は刺激になる

ジム見学をしたあとは、お互いに何をやっているか話しました!

格闘エンジニア

楽しかったので僕が話し過ぎました(笑)

話していて感じたのは、僕もそうでしたが、セカンドキャリアで良いスタートを切るには現役中から準備や活動を始めておくのが良いですね。

僕で言えば、大量に本を読んだり、人と会って、頭は柔らかくすること、情報が多角的に入れることを意識していました。

現役中は競技に集中しろ!

とか周りから言われたりしますが、誰も自分たちの競技後の人生の責任を取ってくれないので、自分が信じることをやった方がいいですね!

格闘エンジニア

過去にしがみつくことなく、常に動き続けている人と話すと刺激になります!常に今やっていることや今後やりたいことを話せる人間で在りたいと思いました。

まとめ

  • 現役時代は2回戦いました!
  • 上野でジムを経営している
  • 常に前向きに動き続ける人は刺激になる
  • 常に今やっていることや今後やりたいことを話せる人間で在りたい