未経験からWebエンジニアになって3ヶ月が経った!

どうも、“格闘エンジニア”の澤村勇太(@yuuta_sawamura)です。こんにちは。

未経験で30歳からWebエンジニアになりました。

澤村

僕は異色の経歴なのですが、もともとは極真空手の選手をやっていました。成績は全日本大会で2階級優勝しました。
引退して、30歳で完全未経験からエンジニア(プログラマー)に転職しました。

格闘エンジニア

お前、エンジニアとしてはペーペーだからあまり偉そうにするなよ!

エンジニアになって、3ヶ月経ったのでどのようなことを行ったのかつらつらと書いていきます。

エンジニアになって3ヶ月具体的にやったこと

僕が勤めている会社は自社開発で受託系の会社です。

まず、「こんなサービスを作りたいので作ってください!」と依頼が来て、細かい仕様を詰めて実際に作っていきます。

僕はポジションでいうと大工さん。

実際にサービスをプログラミングで作っていきます。

他の会社では、3ヶ月の新人に0から開発をさせることってあまりないと思うのですが、うちの会社は人数も少ないので、新人だろうが現場で戦います(笑)大きな会社だと、3ヶ月丸々研修に使ったりしますからね。

0からやるとわからないことも多く、悪戦苦闘するのですが現場で揉まれるので、少しずつ成長している感じがあります。

受託系の会社は、未経験の人が技術力を身につけるには最適だと思うのですが、納期があり、お客さんありきなので結構消耗します。なので、図太い神経が重要(笑)

未経験の人は独学やスクールである程度勉強したら、とっとと転職して現場で揉まれた方が成長するスピードが違います!

全くのプログラミング未経験だと転職は厳しいのでまずスクールで基礎をやっておいた方が賢明です。

今後

今後も現在関わっているサービスを構築していくことと、出来上がったら改善していく感じです。

技術的なことでいうと、まだまだ自分で問題を解決する能力が足りないことと、わかっていない部分が明確になってきたので、自学習しながらコツコツやって力を付けていきます。

エンジニアになって3ヶ月 まとめ

澤村

大変だけど、なんとかやってるって感じですね(笑)
1年くらいしたらそこそこできるかなーと楽観的な感じで頑張っています。