【256会に参加】まさかのGitHub!? 256timesで繋がった人たちと交流会をしてきた!

みなさん、こんにちは。
“格闘エンジニア”の澤村勇太(@yuuta_sawamura)です。

ドットインストールというプログラミング学習サイトが運営する256timesというプログラミングスクールに挑戦していました。

256timesの目的はテクノロジーコミュニティで友達が作れるようになる!」です。

ちなみに今回の応募者は413名で最終にスクールに入れたのがたったの10名です!

ちなみに僕は途中で落ちました。。

澤村

受かった人も受からなかった人も、「皆さんで集まりましょう!」ということで、昨日交流会がありました!

格闘エンジニア

お前、なんでもネタにする奴だな!

256times まさかのGitHub!yokotaさんの呼びかけで集まった

今回は、yokotaさんのこのツイートから始まった!

ふむふむ、なるほどなるほど。行動力があって素晴らしい!

よし概要を見ていこう!

会場は秋葉原で、1次会が14:00~17:30、費用は1000円。

なるほど、みなさんが参加しやすい感じになっている。

よし、詳しい場所とか誰が来るか知りたいから詳細を見よう!

 

ん・・・?

あれ、僕の目がおかしいのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GitHub!!!?

 

 

 

 

澤村

なんでイベントの詳細をGitHubに書いているのだ!!

格闘エンジニア

そこは普通ITイベント御用達のconnpassとか使うだろ!
GitHubとは
IT界隈が使っているサイトで、ソースコードを置いておける場所です。

澤村

もちろん、エンジニアの端くれだからGitHubは知ってるし使ってるけど、イベント集客で使っているのを見たことがないぞ!!

格闘エンジニア

GitHubは英語だから、ひーこらしてる奴らがたくさんいるぞ!!

GitHubはご覧の通り全て英語です。

澤村

しかも何、爽やかな写真で微笑んでるんだ!!

格闘エンジニア

yokotaー!!!!

 

 

yokotaさん

詳細はGitHubで。

澤村

じゃないよ!
バカ!(バカではない)、ハゲ!(ハゲではない)、変態!(変態ではあると思う)

 

 

ひーこらして、なんとか、GitHubに参加の有無を申請することができた。

 

よし、これで一安心だ。

これであとは当日を楽しむだけだ!

後日、油断しているとyokotaさんから、

澤村

今度はなんだ、yokotaさん!

格闘エンジニア

ついった名刺とか意味わからんぞ!

澤村

さては円滑に交流するためとか言って、個人情報を抜き取って悪用する気だな!!

格闘エンジニア

yokotaー!!!!

澤村

僕たちはこんな危険なサイトに絶対登録しないからな!例え、世界中の人たちが全員敵になったとしても登録しないからな!

格闘エンジニア

俺たちの心は、ダイヤモンドより硬い!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

澤村

何言ってんだ、この人!

格闘エンジニア

さっきも言ったが俺たちの心は、ダイヤモンドより硬い!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

澤村

頼まれたら、反射的に「了解です^^」とか言ってしまうだろ!!

格闘エンジニア

パワーで来たら跳ね返せるが、童謡の「北風と太陽」みたいに来られたら困るだろ!!

 

 

結局のところ、yokotaさんの策略にハマり、危険な闇サイトに登録した我々であった。(危険ではない)

 

 

澤村

これでひと段落か。。あの闇サイトは、きっと交流会になんか使われるわけがない!

格闘エンジニア

あの変態野郎、騙しやがって!会ったら飛び蹴りだ!

 

256times 当日、yokotaさんに飛び蹴り!!? なんと30名近くが集まった

当日、会場に着くと、ツイッターで見たことがある人が近づいてきた。

 

 

yokotaさん

・・・澤村さんですよね?

澤村

はい、そうです! もしかして・・・yokotaさんですか?

格闘エンジニア

(ついに飛び蹴りのチャンスだ!!)

 

 

 

 

 

 

 

yokotaさん

結構、イケイケなんですね!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

澤村と格闘エンジニアは1040のダメージを受けた。

 

 

 

 

澤村

ぐあー!!!
バカ!(バカではない)、ハゲ!(ハゲではない)、脱糞野郎!(年1でしているかもしれない)

格闘エンジニア

こんなエッジの効いた攻撃をしてきやがって!!

澤村

師匠!この男、只者じゃないです!

格闘エンジニア

一旦、仕切り直さないとやられる!!

 

 

 

・戦う
・防御
・道具
→逃げる

 

 

 

 

 

澤村

・・・yokotaさん。着いてそうそう申し訳ないのですが一旦トイレ行きます。。

yokotaさん

了解です^^

 

 

トイレに一旦退散する、澤村と格闘エンジニア 。

 

澤村

師匠!どうしましょうか?脱糞野郎と真正面で戦ったら勝てそうにありません!

格闘エンジニア

確かにな!一旦は普通に話して、頃合いを見て後ろから飛び蹴りだな!

澤村

師匠、了解です!

 

 

 

澤村

だっ・・・yokotaさんお待たせしました!

格闘エンジニア

(今はグッと堪えて機会を伺え!)

yokotaさん

あ、これ!サイトで登録して作った名刺です。皆さんの分を作っておきました!

澤村

(あの闇サイトか!しかも名刺とか怪しい!)

格闘エンジニア

(気をつけろ!その名刺に刃物が仕込まれていて頸動脈を切られるかもしれないぞ!)

yokotaさん

はい、どうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

澤村

ぐあー!!!

格闘エンジニア

予想していないやつー!!!

 

 

 

 

 

澤村と格闘エンジニアはyokotaさんの配慮にHPが2000回復した。

 

 

 

 

澤村

(師匠!良い人かもしれないです。ツイッター上だと誰が誰だかわからないので、気を効かせてこんな便利な名刺を作ってくれています!)

格闘エンジニア

(ぐぬぬぬ。油断するな!もしかしたら、時間式で名刺からウイルスを撒き散らすかもしれないぞ!)

 

 

yokotaさん

じゃあ、席案内しますね♪

 

 

 

良い人か闇の住人か、はたまた脱糞野郎なのか、今のところはわからないyokotaさんに席を案内され、椅子に座った。
yokotaさんは他にやることがあるらしく、別の場所に移動していった。

 

辺りを見渡すと、20名!? いや、30名くらいの人が集まっている。

男性が95%だと思っていたのだが、実は256timesに結構女性の方も参加しており、今回の交流会に多数の女性がいた。(たぶん40%くらい)

そして、皆さんと雑談した。

内容は、どんな職業か、なんで256timesに応募したのか、あの課題はどうやって回答したか、今後どんなことをやりたいか。

澤村

(師匠!いろんな人がいて楽しいですね♪)

格闘エンジニア

確かに。

澤村

(年齢は20代後半から30代前半が多い感じですね♪)

格闘エンジニア

(確かに。)

澤村

(色々と話していると、皆さんプログラミングが好きだから256timesにチャレンジしたと言うより、今の生活や人生を変えたいという方が多い印象を受けます!僕たちと同じですね♪)

格闘エンジニア

(確かに。)

澤村

(師匠!さっきから「確かに。」しか言わないじゃないですか!)

格闘エンジニア

(油断するなと言ったはずだ!俺たちが楽しんで、心が緩んだ隙に脱糞野郎が俺たちの命を狙っているかもしれない!)

 

 

すると、

 

 

 

脱糞野郎が横の席にあらわれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・戦う
・防御
・道具
→とりあえず話を聞く

 

 

 

 

澤村

あの〜、yokotaさんって、どうして256timesにチャレンジされたんですか?

格闘エンジニア

(いいぞ!こいつは強敵だからまずは様子見だ!)

 

yokotaさん

それはですね、◎△$♪×¥●&%#

 

 

 

澤村と格闘エンジニアはyokotaさんの話に聞き入った。

 

 

 

 

 

 

 

 

澤村と格闘エンジニアはyokotaさんの熱い想いビームに2300のダメージを受けた。

 

 

 

 

 

澤村

(師匠!良い人じゃないですか!)

格闘エンジニア

確かにそうだな!

澤村

自分の人生を変えるために、実際に行動している素晴らしい人です!

格闘エンジニア

世の中、口だけの人が多いが、行動している点が本当に素晴らしいな!

 

 

 

 

澤村と格闘エンジニアはyokotaさんを見る目が変わった!

 

 

当たり前ですが普通に良い人です(笑)

yokotaさんは、現在エンジニアを目指して学習されています。また、こういう交流会って開催するのが面倒なのですが、率先して開催してたいただき、貴重で楽しい時間を過ごすことができました!

 

256times どんな人たちが来ていたか

ちなみにどんな人が来ていたかというと、

  • OLのファッションと高身長の黒縁メガネが好きな方
  • PPAPならぬ、RPAを仕事にされている方
  • 256timesを合格したライター
  • c++の現役エンジニア
  • 金融関係の方
  • エンジニアを目指している方

本当に多くの方が参加されていました。

皆さん、口々に「256timesが楽しかった!」とおっしゃっていたのが印象的でした。

会の最後にはyokotaさんから、「この縁をきっかけに今後もこういった交流会や勉強会を開いていきますので、今後ともよろしくお願いします!」という言葉で締めくくられました。

 

256会に参加された方々のツイート

256times まとめ

今回の256timesの交流会「256会」に参加してわかったこと、

 

 

 

 

 

yokotaさんが脱糞野郎ではなく、行動力のある素晴らしい人だということ。

 

 

 

そして、皆さん個性のある素敵な人が集まった素晴らしい会でした。